逆SEOを行う際に頼りになる良い業者はどんな所かを解説します

ウェブページやブログを持っていると非難中傷を受けてしまったり、プライバシーの侵害をしようとする輩も残念ながら出てきます。その場合、知り合い向けにサイトを限定する方が多いのですが、手間がかかること、新規の方に見てもらえないということもあり、検索サイトからのアクセスだけを止めたいという要望があります。このような要望は逆SEOと言われ、個人での申込が増えてきています。逆SEOは一見単純な方法に見えますが、手間がかかること、他のサイトに影響を及ぼさないように検索サイトに対応することが必要であり、ノウハウを持つ企業を利用しなければなりません。逆SEOについてはいくつか有名なテクニックがありますが、時間をかけずに実行してくれる企業は少ないので日数についても見積もりをとることが大事です。

逆SEOの様々なテクニックについて

逆SEOを行う場合は大きく分けて2つの方法があります。1つは検索サイトからペナルティを受ける方法、2つめは検索順位を下げる方法です。ペナルティを受ける方法はかなり危険ですが、対応することで検索サイトからのロボット派遣もなくなり、永遠に載ることがなくなります。しかし、時間がたったらまた掲載して欲しい場合には利用してはいけないテクニックとなります。多くの場合、検索順位を合法的に落とす作業を選ぶ方が多いです。ただし、検索順位を下げるテクニックは時間がかかるケースが多く、すぐに対応して欲しい場合に対応できないケースが多いので注意が必要です。ただし、対策をやめればまた検索順位が戻り、料金も比較的安いので使い勝手の良いテクニックとして使われることが多くなってきています。

逆SEOを実行する技術について

逆SEOは検索サイトの表示順位を下げるためにいくつかのテクニックを使います。1つめはコピサイトの導入です。検索サイトは同じサイトがあればペナルティを与えることがあり、コンテンツをコピーして検索順位を下げようとします。ただし、目につく可能性も増えるので利用する場合は注意が必要です。2つめは被リンクの質を下げることです。被リンクは多ければサイトの評価が上がると考えられてきましたが質の低いリンクはサイトの評価を落とすと分かってきています。また、検索ページにいるライバルの被リンクを上げることで検索順位を調整することも可能です。被リンクは比較的対応しやすくなっており、時間も短縮できると期待されています。逆SEOについては日々新しい方法が生まれているので見積もりを取りながら対応することが大事です。