逆SEOの特徴や効果やメリット等を解説します

逆SEOとは、企業にとってデメリットがある情報を人目に触れないように検索順位を下げていく方法です。SEOとは異なったアプローチを取る事になり、情報が掲載されているサイトの検索順位を下げるには、情報が掲載されているサイトのコピーページを大量に作ったり、質の悪い被リンクを貼ったりする方法などが行われます。しかし、確実に目的のページの順位を落とす事が出来るわけではなく、該当ページで使われているキーワードを使って質の高いコンテンツを掲載したページを大量に作っていく方が現実的な方法です。SEOと目的が逆になっているアプローチ方法が逆SEOというものです。検索エンジンの検索結果ページは、コンテンツの質が重視される時代になっていますので、対抗する為に作るページも、高品質なコンテンツの掲載が求められます。

検索エンジン対策には様々なアプローチがある

Webサイトを検索エンジンに最適化する事で、Webサイトは検索エンジンのスコアリングシステムの診断結果に応じて、検索結果ページの順位付けが行われます。近年の検索エンジンのアルゴリズムは、コンテンツの質を重視する傾向があります。被リンクを大量に貼ったり、同じような内容のサテライトページやランディングページを大量に作成して公開したりする事で、検索エンジンからはスパム行為と見なされます。SEO対策は、既にSEO対策が施されているブログサービスやSNSに会員登録して、ブログやサイトを作っていけば、誰でも検索結果ページの上位を目指せるようになっています。まとめサイトなどは、この特性を最大限に利用して展開されています。商品などの批評を避けたい場合には、批評を行なっているサイトよりも強力なSEO対策を行えば、逆SEOとしての効果を発揮させられます。

逆SEOを導入するメリットとデメリット

商品やサービスなどの批判記事が掲載されているページが検索結果ページの上位に来ないようにするには、同じキーワードを使って、それ以上に魅力的な内容のコンテンツを掲載していけば、逆SEOとしての効果を発揮しやすいです。かつては、コピーページを大量に作って、スパムサイトのように見せかける手法が行われてきましたが、近年では、検索エンジンのアルゴリズムの改良によって、その手法が使えなくなってきています。逆SEOを行う事で却って順位を下げたいページの順位が上がってしまう事になり、これが逆SEOのデメリットとなります。企業にとって風評被害になりそうな情報をネットユーザーに知られないようにするには、安易に削除をしようとせずに、逆SEO対策を行い、時間の流れと共に人が忘れてくれる事を待つのが最適な対策です。