Menu

好みに沿った注文住宅を横浜で手に入れるためのポイント

外装や内装を自分好みにできる注文住宅は、マイホームを持ちたい幅広い世代から根強い人気があります。今回は注文住宅についての解説と、横浜で注文住宅を建てる時のポイントを中心に紹介していきます。注文住宅というのは、分かりやすくいうと「住宅のオーダーメイド」で、すでに建築済みの住宅を購入するのではなく、建築するための土地を購入してから、建築を担当する工務店と話し合ってどのような建物にするかを決めていくこととなるでしょう。オーダーメイド方式なので、希望とおりの空間を作ることができるのが注文住宅の一番の魅力になります。吹き抜けのリビングや中庭のある住宅など、もともとある住宅ではなかなか実現が難しい内容もデザインしてもらうことができ、二世帯住宅などの家族構成を考慮した建物を作ることもできます。

建売住宅と注文住宅の違いとメリット

建売住宅の場合既に建設が完了した住宅を購入することになります。横浜だけでなく、どこの地域にも言えることですが、注文住宅の場合は建物を建築前の段階で契約することができるので、間取りの決定や土地の売買契約、役所への申請、建築許可を経て地鎮祭の後に着工という形となります。建設中には現場に行って建設途中の建物をチェックすることができます。全ての工程に関与できるのも注文住宅ならではです。建築し終わった後だと、構造や配管のチェックはなかなかできないので、建設の段階で現場担当者とにいろいろと質問や相談することもできるので安心してマイホームを購入することができます。また、耐震性能、断熱性能、照明やコンセントの数、収納計画も決められるので性能に関しても練って家づくりをすることができます。壁紙の色や床面の材質なども決められるのでデザイン性に富んだ家にすることも可能です。

横浜で注文住宅を建てる時のポイントと注意すること

横浜で注文住宅を建てる時に気を付けなければならないことがあります。まず初めに、坪単価を知っておくことです。坪単価は建築会社によって異なりますので、坪単価を知ったうえで、建築総額がいくらになるかを聞いておくことが大切です。建築会社を決める時はネットで調べたり、注文住宅を建てたい地域で評判の良い建築会社など複数の会社をピックアップして、見積もりを出してもらってから検討するのがおすすめです。見積もりを依頼する時にも設計料、地盤改良費、照明、空調などどの項目が見積もりに含まれ、何が別途費用になるのかも確認しておきます。また、建物が出来上がるまで長いお付き合いをすることになるので、担当者がどんな人かも重要です。契約前に担当になる人にどんな住宅にしたいかという思いを話して、親切丁寧に対応してくれる人に依頼しましょう。